実践政策学 – Policy and Practice Studies

「公的」な「実践」に貢献する論文を掲載する学術雑誌

本学術誌「実践政策学」は、あらゆるタイプの「公的な実践」に貢献し得る論文を掲載します。ここで取り扱うのは、国づくりや国土政策、地域政策、交通政策、環境政策、まちづくり、村おこし、防災、復興、合意形成、各種組織の活性化等、公共に関わるあらゆる政策マネジメント、プランニング、さらには仕組み作り人材育成、教育等の、生の躍動としてのあらゆる「公的実践」です。こうした「公」に関わる実践なら、マクロとミクロ、官と民、国政とコミュニティ等の別を問わず、あらゆるタイプ、スケールの「実践」に貢献しうる多様なスタイルの論文を、広く掲載します。

論文の査読基準は、以下の二つ。一つは「公的実践に貢献できるかどうか」(公的実践貢献性)で、もう一つは「記述された『知』が社会的に共有できるかどうか」(社会的共有知性)です。つまり、「公的実践に役立つ知」が記述された論文なら、あらゆるタイプの論文を掲載します。

本誌の発行は年2回、論文募集は随時行っております。「投稿要領」をご参照の上、奮ってご投稿くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

実践政策学エディトリアルボード

委員長
石田 東生(筑波大学大学院システム情報工学研究科)
委 員
桑子 敏雄(東京工業大学社会理工学研究科)
藤井  聡(京都大学大学院工学研究科)
森栗 茂一(大阪大学コミュニケーションデザインセンター)

表紙イメージ

ISSN (print): 2189-2946
ISSN (online): 2189-1125